忍者ブログ
チラシの裏。だいたいサカモト教授の話かCCMの話か音楽の話。
[952] [951] [950] [949] [948] [947]
2018/06/22 (Fri)  【 [PR] 】
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/06/20 (Tue)  【 奇跡的に無事に演奏会が終わった話 】
先日、本番を終えました。
前回日記からの差分、本番当日の話などをつらつらと。

+ + + + + + + + + +
■久々にMMORPGを始めた
GWからFF14に手を出しました。光のお父さんというドラマを見ていた夫からの誘い。
暇さえあればすぐ寝てしまうなら、ゲームやってるほうがまだ健康的じゃない?と。
ララフェルという種族がかわいいことくらいしか知らなかったけど、
13年前くらいに別のMMORPGを廃人レベルでやっていたのでホイホイされる。
グラフィックがきれい。雑用楽しい。日常とは違った小さな充足感と達成感がある。
夫の楽団の仲間に入れてもらったので、チャットで話したりダンジョン行ったり。
久々にゲームをしたのですが、新鮮で楽しかった。
おかげさまで、寝る回数が格段に減った気はする。

■社会復帰について
前回の日記に書いてある友達に力をもらった日、会社に復帰したい旨を連絡しようと思えた。
結局連絡したのは5/23。
少しやり取りして、6/13に近況報告もかねてランチに行こうという話になった。
メンツは経理・社内企画のお姉さん各1人+自分。
付き合いが長く、わたしの様子もずっと見てきてくれているので安心できる人たち。
んでまあ、連絡とった時には「とりあえず7月からゆるっと復帰できればまあいっか」程度の気持ちだった。気持ちの波はまだそこそこある時期だったし。

■6月に奇跡が起きた
確か5月に変わった薬の影響で、3時間おきくらいに起きてしまうようになっていた。
その影響で眠いわやる気でないわ食欲わかないわ。
でもいつもこんな感じだしなーまあこんなもんか、という感じだった。
ただ、眠れないのはしんどかったのでお薬を変えてくれるよう主治医に頼んだ。
6/2、薬が変わった。朝起きれる。昼活動できる。夜眠れる。食欲めっちゃある!!
奇跡だった。いや、冗談じゃなく本気で。
リフレックスというこの薬、どうやら主な副作用に「食欲亢進」があるらしい。
これがしんどくて辞めるひとも居るとネットには書いてあったけど、今のわたしにうってつけだった。

ご飯を食べるのが面倒だという感覚は周囲に理解されづらい。
食べるものは常備してあるのに、食指が動かないのだ。
大好きだったお菓子にすら手が伸びない状態が数か月続いていた。
このまま寝て起きてを繰り返すだけの機械になりそうだなとぼんやり思っていた。

そんな状態での突然の食欲。
おなかがすいて何かを食べて充足感を得られるというのは、しあわせなことだよ。
すげー食べれるー!!と思って片っ端から食べた。ご飯の量が増えた。間食も増えた。
(なお、食欲に限界はない。どうやらリミッター解除状態になるから「副作用」らしい)
本番2週間とちょっと前のこれは、奇跡だと思った。
体力をつけるためには、どうしても体重が必要なのだ。
女性ホルモンが不安定になる程度ガリガリだった体重がどんどん増える。
本番まで食欲の赴くままいろいろ食べようと決意した。

生活が激変してからの、6/13。会社のひととのランチの日。
「血色がいいね」と言われた。薬が変わったこと、今の体調がすごく良いことを伝えた。
会社の状況は相変わらず大変そうだったけど、戻ってもなんとかいけるんじゃないか、と思えた。
おそらく倒れてから今までで一番調子が良いと感じていた。
倒れた時がまー悲惨だったものだから、まずは上層部と話をして1か月後くらいに結論が出るとのことだった。

■本番
6/17、夫の楽団の合唱賛助で舞台に立った。立てた。
とりあえずこのためになんとか生きようと思っていたので、本当にうれしかった。
夫と一緒の舞台に立つことは、おそらくこの先もうないと思っている。

この2年間、団務によりほぼ毎日頭を悩ませ身体を酷使している夫を見てきた。
時には共倒れし、一度だけささいなことで喧嘩した。
わたしは夫のLINE通知音が怖い。毎日ひっきりなしに鳴るのだ。
そして、鳴るたびに夫はそれを見る。たとえ外出中でも食事中でもゲーム中でも。
「ゲーム中ぐらい後で見たら?」と言うと、「重要な連絡かもしれない」と。
それぐらい毎日気を張っていた。2年間だ。それを、ずっと隣で見てきた。

打ち上げで最後に挨拶をする夫を見て、今までを思い返して泣いてしまった。
ようやく、夫の苦労が報われたと思った。
定期的に事務連絡や資料作成などの作業をし、相談を受けては胃を痛めて。
土日も作業や演出練習で潰れ、直前まで自分の練習時間が取れず。
せめて自分が演奏したくて委員長に立候補した曲だけは、と本番前1週間毎日寝る前に楽譜と向き合って指練をして。
本番前日に前泊した時もLINE通知でバタバタし、当日を迎えて。
それを踏まえたうえでの、打ち上げ挨拶という最後の仕事。シメのあいさつ。
なんかもうさ、感無量ですよ。
あとは泣いてるわたしに話しかけてくれたみなさんからの言葉があたたかくって、しまいには号泣してしまいました。眼鏡についた塩分がやばかった。
宿に戻ってからも2人で深夜3時まで思い出話したりTL追っかけたりしてボロ泣きしてた。

体調不良で乗るのが危ぶまれてる友達が何人かいたけど、なんとか全員乗れて。
自分自身も体調との勝負だったけど、奇跡的に乗れて。
ほんとうにうれしかった。
各々がふんばって、自分自身と話をつけてくれたから、頑張ったから、なんとかなった。
まさにもぎ取った勝利ですよこれは。

◆おたがい よくやったよな。

今回の演奏会は、ライフステージが変化する中、まさに努力の結晶ではなかっただろうか。
演奏面の細かい部分を見たらそりゃいろいろ出てくるでしょうけど、形として残せたことに意義があると思う。こまけぇこたぁいいんだよ!!!
反省は各自するものでしょうから。
心配事が多すぎるけど、とにかく、全員で完走することを目標にするのが委員長の仕事なんだろうなと思った。

ほんとうに、おつかれさま。ゆっくり休んでね、夫。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
ブログ内検索なんだぜ
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © F*S+ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]